G. Mažeika

ウジュピス憲法を読む

ビリニュス旧市街の一角にある芸術的区域ウジュピス(Užupis)は、街の中にある自称独立国家で、自身の政府、国歌、伝統、そしてもちろんウジュピス共和国の憲章を持ち、数十の言語に訳された憲法が通りにある壁に設置されています。