Kretingos rajono savivaldybės administracijos įsigyta ES lėšomis finansuojamo projekto "Bernardinų takais"

クレティンガでの修道院

バルト海から十数キロしか離れていない場所に位置しているクレティンガ(Kretinga)は、1万8千人ほどの人口を持つ町ですが、現在も使われている修道院が5つもあります。リトアニアの司令官として大活躍したJ. K. ホトキェヴィチがここで教会と修道院を建て、カロルシュタット(クレティンガ)という町を創立しました。その時代からあるエレガントな建築のベルナルド会の修道院と受胎告知教会を含む建物群は、クレティンガの中心地に位置しています。ソ連時代に修道院は閉鎖されていましたが、独立時代と共に修道士がここに戻り、それ以降30年間宣教活動を続けています。

クレティンガには女子修道会の修道院があります。バルト諸国で唯一のクララ会の修道院では、信仰深い修道女たちが修道院を離れることなく観想的生活を送っています。マザーテレサシスターズ修道院の修道女たちは、身体的健康、又は精神的健康を失った人たちを手伝う活動をしています。聖母マリア・神の祝福フランシスコ会の修道女は、精神的な安らぎを求めている人たちに修道院の扉を開けます。聖心フランシスコ会宣教師会の修道女たちは、学校で宗教を教えたり、棄児、病人や年寄りの世話をしたりしています。